[ラスエト]リリースしたのでデーモン戦までプレイしてみた

7月20日にラストエトワール〜自由への奇跡〜というゲームアプリがリリースしましたね。名前が気になったのでプレイしてみることにしました。

ラストエトワールの世界観

アルカデアと呼ばれるこの大地は、人類、獣人、精霊、悪魔、神などの多種族が共存する世界「水晶」がこの大陸の主要エネルギー源である。人々は水晶を研究し、そのエネルギーを魔力に転化できるようになり、同時に多くの魔力で駆動できる装置や技術も開発された。こうして魔力とテクノロジーが織りなす世界が誕生した。しかし、平和な世界は長くは続かなかった。ウラヌス帝国は先進テクノロジーと強大な魔力を武器に各地の水晶資源を奪いエネルギーの配分不均衡が発生。それによりエネルギー不足の星空に裂け目が現れた。
星空の裂け目を修復するため戦争で被害を被ったモノたちが立ち上がり、抵抗軍を組織した。抵抗軍は残り最後の水晶魔力を使い「星霊(アスター)」と呼ばれる13人の少女を召喚した。彼女たちと協力してこの星空を護り自由な未来を手に入れよう。

https://yoyaku-top10.jp/

インストール〜スタート

アプリをインストールするとまずは主人公の名前と「ブレイカー」「パラディン」「ガンナー」から好きなキャラクターを選択

ブレイカー 盾役/回復 悪魔の血を引く少年巨大な剣で広範囲の爆発を放つのが得意。

パラディンバランス/全方位 凛とした正義の少年 槍を使い、素早いスピードで敵を牽制できる。

ガンナー遠距離/アタッカー 火力至上主義のカワイイ少女 重砲をち遠距離射撃が得意

私はここでは「パラディン」を選択しゲームスタート。ラストエトワールの世界観みたいなストーリー説明があった後いよいよゲームスタート。

ゲームスタート後すぐにオートプレーでストーリーは展開していきます。正直私はオートプレイにあまり慣れていなせいかアイテム獲得やらストーリーの情報やらレベルが上がるやら一つ一つ確認するまもなくあっという間に展開していくので今自分が何をしているのかわからなくなる時があります。

オートプレイに慣れている方にとってはサクサク進んで面白いかもしれませんね。

最初のボス?に遭遇

オートプレイでストーリを進めていくと最初のボス?っぽい敵に遭遇しました。デーモンという表示があったのでおそらくボスではないかと。


ここもオートバトルで進んでいくので、なんかドキドキ感なんかも少なかった気がします。もしかしたら何かタップや設定をすればバトルも自分で操作できたかもしれません。

さらにストーリーを進めていくと「アラクネー」というボスにも遭遇。

ここも気がついたらボスに勝利していました。ここまでゲームスタートから10分位なのでストーリーは迷うことなくサクサク進み、レベルもあっちゅーまに上がっていきます。
RPGをやっていてどっちに進んでいったらいいかわからないという方はサクサクオートで進んで行けるので楽しいですね。
まだプレイ初日なので他の機能や設定わからないのでプレイしてみますね。